COTTON USA アワード 2012

〜コットンといきる人〜受賞者

  • 笑福亭 鶴瓶 さん
  • 忽那 汐里 さん
  • SHIHO さん

イベント内容

◯第1部 COTTON USA AWARD 2012 〜コットンといきる人〜発表会(13:30〜14:30)

■CCI国際綿花評議会 第一副会長 挨拶
■Tシャツ・プリント・デザイン・コンテスト2012表彰式
■COTTON USA イメージソング披露(miwa)
■COTTON USA AWARD 2012 〜コットンといきる人〜発表会
■フォトセッション、取材


2012年5月10日(木)、ウェスティンホテル東京にて、
「COTTON USA AWARD 2012〜コットンといきる人〜」発表会を
開催いたしました。
授賞発表会では、受賞者の笑福亭鶴瓶さん、忽那汐里さん、SHIHOさんが出演。
授与式の後、フォトセッション及び囲み取材を受けました。
また、選考に協力いただいた井上公造さんを参加して、トークショーも
開催いたしました。
miwaさんがオリジナル・イメージソング「コットンの季節」を
生ライブで披露。
先に開催されていた「Tシャツ・プリント・デザイン・コンテスト」の
グランプリ作品の表彰式も行いました。

CCI国際綿花評議会では、今後もCOTTON USAの素晴らしさを
より多くの人々に伝えていくために、様々な活動を展開してまいります。

〜コットンといきる人〜選出について

笑福亭 鶴瓶 受賞コメント

笑福亭 鶴瓶

親しみやすく、みんなに愛される優しい人柄

“人の心を開く天才”とも称される笑福亭鶴瓶さん。その優しい笑顔と親しみやすい人柄は、幅広い世代から高い人気を得ています。人に対する優しさと誠実さに定評があり、お茶の間のみならず、共演者や多くのスタッフからも慕われ、親しみを込めて「ベー師匠」「ベーさん」と呼ばれるほど。まさに鶴瓶さんの人柄が、コットンのように
”優しく”、”親しみやすい”そして”みんなに愛される”という理由から、”コットンといきる人”に
ふさわしいとして選出いたしました。

「このキャラクターのわーたん、僕に似てませんか。これからわーたんと呼んでください!そっくりでしょ(爆笑)。 こんな素敵な賞に選ばれてありがたいですわ。小さいころ母親に『あんたコレ、綿100%やで〜。えーもんなんやから』って、よう言われたのを覚えてます。コットンみたいなあったかい8人家族の中で育ったから、今でもこういう職業ができるんやと思ってます。  最近、自分の中でテーマがあって「縁は努力して紡ぐもんや」と思てるんです。つながりっていっぱいあるんですよ。例えば今賞をくれたロバートさんとは家が近所なんです。さらに先日は、綿業界に勤めている高校時代の友達から電話がかかってきて、この賞のことを聞いてきました。つながりってえらいもんでね、縁って大事にせなあかんと思うんです。今日の衣装も、この日のために友人がオールコットンであつらえてくれたんですよ。そんな人と人とのつながりがすごい嬉しいんです。 僕には孫が2人いましてね。孫たちへの頂きものはコットン製品が多いんです。頂いてよかったものは、やはり自分が誰かに送るときにも同じコットンの品を贈ろうと思うようになりました。こうやってご縁はつながっていくんでしょうね」


忽那 汐里 受賞コメント

忽那 汐里

ういういしく、さわやかな笑顔

いつも元気で活発な女優・忽那汐里さん。ういういしく、さわやかな笑顔が魅力の彼女は、「平成の3人娘」や
「ティーン3人娘」の1人として注目を集め、今後の活躍が期待されています。
女優デビュー以来、さわやかでピュアな演技が高く評価され、多くの人を魅了し続けています。忽那さんの、コットンのような”さわやかさ”と”純粋でういういしい”印象が、”コットンといきる人”にふさわしいとして選出いたしました。

「今回受賞できてとても嬉しく思います。私にとってコットンは、一番肌に近い位置で、自分の生活リズムと調和するような大切な存在です。ファッションはもちろん身の回りの品まで、こだわりを持てる素材です。コットンの純白で、ナチュラルなイメージが大好きで、だいぶお世話になっています。
今日も髪飾りから靴まで全身コットン・ファッションなんですよ。ポイントは真っ赤な靴下。ファッションは素材感のあるものが好きなのですが、特に私がこだわるのは靴下なんです。おしゃれのアクセントとして奇抜な色を合わせたりして、いろいろなバリエーションを楽しんでいます」


SHIHO 受賞コメント

SHIHO

清潔感あふれる透き通るような清らかさ

長年トップモデルとして活躍するSHIHOさん。透明感と清潔感を持ち合わせ、多くの女性の憧れ。美を追究し、努力を続ける真摯な姿が多くの女性の共感を呼び、若い女性たちのカリスマ的な存在になっています。最近では出産を経て内面的にも充実、いっそう輝きを増し、美しさに磨きがかかってきたと評判。いつまでもコットンのように”清潔感であふれ、清らかな美しさを保ち続けている”ということから、”コットンといきる人”に選出いたしました。

「娘が生まれてから、身の回りのものは全てコットン製のものを選ぶようになりました。天然素材だから娘が口に入れてしまっても安全だし、優しい肌触りなので赤ちゃんのデリケートな肌に触れても安心です。私にとってコットンは、すごく大事で今ではなくてはならない存在になっています。また、コットンのもつ“優しさ”“さわやかさ”“親しみやすさ”というのは、女性としても母親としても目指すところなので、そのようなイメージにふさわしいと選んでいただきとても光栄です。これからも、そんな存在であり続けられたらと思っています。」


今年も5月10日の「コットンの日」にコットンの持つ
”優しさ””さわやかさ””親しみやすさ”のイメージに相応しい
笑福亭鶴瓶さん、忽那汐里さん、SHIHOさんの3名の方を発表しました。
当日は、今年度のキャンペーンキャラクターとして活躍するmiwaさんが
COTTON USAのイメージソング「コットンの季節」を生演奏いたしました。
miwaさんの親しみやすい存在感と等身大の思いが詰まった、
温かみのある楽曲は、天然素材であるコットン(COTTON USA)が持つ
イメージにふさわしいものです。

miwaプロフィール

miwa(シンガーソングライター)
1990年生まれ、神奈川県出身。音楽好きの父親の影響でいつも音楽が身近にある環境で育つ。15歳から曲を書き始め、高校生になるとギターを習得。
同時にライブ活動もスタートさせ、オリジナル曲を持って下北沢や渋谷近辺のライブハウスを自らブッキングして弾き語りライブを始める。
2010年初シングル「don’t cry anymore」でデビュー。2011年には第25回ゴールドディスク大賞ザ・ベスト5ニュー・アーティスト受賞。
ファーストアルバムではウィークリーチャート初登場1位となり、初のアルバムツアーでは全公演発売日に即日ソールドアウトとなる。
昨年からは自らの冠ラジオ番組もスタートし、音楽活動以外にも活動の場を広げている。

  • COTTON COUNCIL INTERNATIONAL
  • (財)日本綿業振興会
  • USDA
  • StreetPower

プライバシーポリシー法律に基づく告知および免責事項